研究紹介

腫瘍放射線学・重粒子線医学

概要

 腫瘍放射線学・重粒子線医学分野では、年間1000名を越えるがん患者の治療の傍ら、医学部医学科・大学院医学系研究科の学生教育、基礎~トランスレーショナル~臨床に至る数々の研究を行っており、外部放射線治療、定位照射療法、小線源治療、重粒子線治療分野および集学的治療を包括的にカバーできるグローバルリーダー放射線治療医の育成を積極的に行っています。また、国際的にも放射線の平和利用は我が国の重要な使命であり、国内・外の機関(国際原子力機関:IAEA、など)と積極的に連携し、アジア地域、世界レベルでの放射線・重粒子線治療の普及・啓蒙に取り組んでいます。

メンバー

職名 氏名 学位 専門
教授 中野 隆史 医学博士 放射線治療/重粒子線治療
教授 大野 達也 医学博士 放射線治療/重粒子線治療
准教授 齋藤 淳一 医学博士 放射線治療/重粒子線治療
講師 野田 真永 医学博士 放射線治療/重粒子線治療
講師 白井 克幸 医学博士 放射線治療/重粒子線治療
助教 清原 浩樹 医学博士 放射線治療/重粒子線治療
助教 加藤 弘之 医学博士 放射線治療/重粒子線治療
助教 渋谷 圭 医学博士 放射線診断/重粒子線治療
助教 村田 和俊 医学博士 放射線治療/重粒子線治療
助教 尾池 貴洋 医学博士 放射線治療/重粒子線治療

研究内容

臨床研究

1) 炭素イオン線治療の安全性・効果に関する研究 (前立腺がん、肝細胞がん、など)
2) 子宮癌に対する新規小線源治療法の開発
3) 放射線治療後の正常細胞・組織の反応に関する研究 (骨密度測定、など)

基礎研究

1) 放射線感受性に関与する腫瘍関連遺伝子・タンパク、および、そのシグナル伝達に関する研究
2) 放射線治療・温熱治療により誘導される抗腫瘍免疫に関する研究
3) 炭素イオン線の増感効果に関する研究
4) 重粒子線マイクロサージェリーの臨床応用に関する研究
5) 医療用コンプトンカメラに関する研究開発
等を推進している。

医学部教育

放射線生物学および放射線腫瘍学についての講義・実習を行ない、医師に必要な放射線医学の基礎知識を習得させている。

大学院教育

放射線生物学、放射線腫瘍学を中心に、病理学、分子生物学など、腫瘍学に関する幅広い分野の教育を行ない、放射線腫瘍学分野の研究者および専門医を育成している。特に、重粒子線治療の高度化に関する先端的研究を推進している。

臨床業務

1) 放射線治療;年間1000人以上の悪性腫瘍患者に放射線治療を行っている。
①直線加速器3台による外部照射(脳腫瘍、頭頸部癌、肺癌、乳癌、食道癌、前立腺癌、子宮癌、リンパ腫等に対する3次元原体照射、IMRT、定位放射線治療)、②画像誘導小線源治療(婦人科癌、泌尿器科癌に対する腔内照射、組織内照射)、③放射性ヨードによる甲状腺治療疾患の治療、等
2) 重粒子線治療;2010年3月より開始しており、頭頸部癌、肺癌、肝臓癌、膵臓癌、前立腺癌、骨軟部腫瘍などの治療を行なっている。
3) 病棟診療;放射線治療の他、化学療法、緩和医療も行なっている。

社会貢献

1) IAEA(国際原子力機関)の活動への協力: 放射線医療におけるIAEAの活動に継続的に貢献している。教授はアジア地域の放射線治療プロジェクトのプロジェクトリーダーを務めており、群馬大学ではトレーニングコースなどを開催している。RCA(Regional Cooperation Agreement)「原子力科学技術に関する研究、開発及び訓練のための地域協力協定」保健医療分野において、群馬大学は2005年からリードカントリーとして国内対応委員会を組織し、アジア地域の放射線治療の国際協力活動に貢献している。
2) FNCA(アジア原子力協力フォーラム)の活動への協力:FNCAの医学領域におけるアジアでの多国間臨床研究に貢献している。
3) 重粒子線治療の普及に努め、研究会や講演会を開催している。
4) Austral-Asian Journal of Cancerの事務局として癌研究の発展に貢献している。
5) 群馬放射線腫瘍研究会事務局として、地域の放射線腫瘍学、癌治療の発展に貢献している。

主な業績

A Case of Recurrent Pleomorphic Liposarcoma that Exhibited a Remarkable Response to Hyperthermoradiotherapy TAKANORI ABE, TAKESHI EBARA, KOSAKU HARADA, KATSUYUKI SHIRAI, MARIKO SHIOYA, YOSHIYUKI SUZUKI, HIDEYUKI SAKURAI, TAKASHI NAKANO Thermal Med 2013;29(3) 63-67

Particle radiotherapy with carbon ion beams Ohno Tatsuya The EPMA Journal 2013;4(1) 9

Radiotherapy concurrently with weekly cisplatin, followed by adjuvant chemotherapy, for N2-3 nasopharyngeal cancer: a multicenter trial of the Forum for Nuclear Cooperation in Asia. Ohno T, Thinh DH, Kato S, Devi CR,Tung NT, Thephamongkhol K, Calaguas MJ, Zhou J, Chansilpa Y, Supriana N, Erawati D, Banu PA, Koo CC, Kobayashi K, Nakano T, Tsujii H. J Radiat Res. 2013;54(3) 467-73

Comparison of hematological toxicities between innovator and generic cisplatin formulations in cervical cancer patients treated with concurrent chemoradiotherapy Oike T, Ohno T, Noda SE, Sato H, Tamaki T, Kiyohara H, Ando K, Nakano T J Radiat Res 2013;54(3) 474-478

Histone Acetyltransferases (HATs) Involved in Non-Homologous End Joining as a Target for Radiosensitization Takahiro Oike, Hideaki Ogiwara, Takashi Nakano and Takashi Kohno Frontiers in Radiation Oncology 2013;ISBN978-953-51-1163-4 3-12

Inactivating Mutations in SWI/SNF Chromatin Remodeling Genes in Human Cancer Oike T, Ogiwara H, Nakano T, Yokota J, Kohno T. Japanese Journal of Clinical Oncology 2013

A Synthetic Lethality-Based Strategy to Treat Cancers Harboring a Genetic Deficiency in the Chromatin Remodeling Factor BRG1 Oike T, Ogiwara H, Tominaga Y, Ito K, Ando O, Tsuta K, Mizukami T, Shimada Y, Isomura H, Komachi M, Furuta K, Watanabe S, Nakano T, Yokota J, Kohno T Cancer Res. 2013;73(17) 5508-5518

Radiotherapy plus Concomitant Adjuvant Temozolomide for Glioblastoma: Japanese Mono-Institutional Results Takahiro Oike, Yoshiyuki Suzuki, Ken-ichi Sugawara, Katsuyuki Shirai, Shin-ei Noda, Tomoaki Tamaki, Masaya Nagaishi, Hideaki Yokoo, Yoichi Nakazato, Takashi Nakano PLOS ONE 2013;8(11) e78943

Changes in Bone Mineral Density in Uterine Cervical Cancer Patients After Radiation Therapy Noriyuki Okonogi, Jun-ichi Saitoh, Yoshiyuki Suzuki, Shin-ei Noda, Tatsuya Ohno, Takahiro Oike, Yu Ohkubo, Ken Ando, Hiro Sato, and Takashi Nakano International Journal of Radiation Oncology Biology Physics 2013;87(5) 968-974

Prognosis was not deteriorated by multiple primary cancers in esophageal cancer patients treated by radiotherapy Shirai K, Tamaki Y, Kitamoto Y, Murata K, Satoh Y, Higuchi K, Ishikawa H, Nonaka T, Takahashi T,Nakano T J Radiat Re 2013

X Irradiation Changes Dendritic Spine Morphology and Density through Reduction of Cytoskeletal Proteins in Mature Neurons Katsuyuki Shirai, Toshiyuki Mizui, Yoshiyuki Suzuki, Masahiko Okamoto, Kenji Hanamura, Yukari Yoshida, Mizuki Hino, Shin-ei Noda, Wael S. Al-jahdari, Arnab Chakravarti, Tomoaki Shirao and Takashi Nakano RADIATION RESEARCH 2013;179(6) 630-6

Usefulness of double dose contrast-enhanced magnetic resonance imaging for clear delineation of gross tumor volume in stereotactic radiotherapy treatment planning of metastatic brain tumors: a dose comparison study Kalloo Sharma SUBEDI, Takeo TAKAHASHI, Takafumi YAMANO, Jun-ichi SAITOH, Keiichiro NISHIMURA, Yoshiyuki SUZUKI, Tatsuya OHNO and Takashi NAKANO Journal of Radiation Research 2013;54(1) 135-139

Three-Dimensional and Multi-Energy γ-ray Simultaneous Imaging Using a Si/CdTe Compton Camera Suzuki Y, Yamaguchi M, Odaka H, Shimada H, Yoshida Y, Torikai K, Satoh T, Arakawa K, Kawachi N, Watanabe S, Takeda S, Ishikawa SN, Aono H, Watanabe S, Takahashi T, Nakano T Radiology 2013;267(3) 941-7

Carbon-ion radiotherapy for marginal lymph node recurrences of cervical cancer after definitive radiotherapy: a case report Tomoaki Tamaki, Tatsuya Ohno, Hiroki Kiyohara, Shin-ei Noda, Yu Ohkubo, Ken Ando, Masaru Wakatsuki, Shingo Kato, Tadashi Kamada and Takashi Nakano Radiation Oncology 2013;8(1) 79-

Dose–volume histogram parameters of high-dose-rate brachytherapy for Stage I–II cervical cancer (≤4cm) arising from a small-sized uterus treated with a point A dose-reduced plan Akiko NAKAGAWA, Tatsuya OHNO, Shin-ei NODA, Nobuteru KUBO, Keiko KUWAKO, Jun-ichi SAITOH and Takashi NAKANO Journal of Radiation Research 2014

Chromatin-regulating proteins as targets for cancer therapy Takahiro OIKE, Hideaki OGIWARA, Napapat AMORNWICHET, Takashi NAKANO and Takashi KOHNO Journal of Radiation Research 2014

C646, a selective small molecule inhibitor of histone acetyltransferase p300, radiosensitizes lung cancer cells by enhancing mitotic catastrophe Takahiro Oike, Mayumi Komachi, Hideaki Ogiwara, Napapat Amornwichet, Yuka Saitoh, Kohta Torikai, Nobuteru Kubo, Takashi Nakano, Takashi Kohno Radiotherapy and Oncology 2014