博士号取得までのシステム

博士号取得までのシステム

 本学位プログラムでは、重粒子線医工学の基礎を修得した上で、関連する幅広い科学分野への展開を可能にする講義や実習を行い、さらに企業や関連医療施設でのインターンシップ等を行うことによって、大学院修了後のキャリアパスの拡充を図ります。また、重粒子線科学の幅広い視点を修得させるために、大学院生を国際会議や海外の研究機関に派遣(国際教育研修)し、国際的に活躍できる若手研究者を育成します。

 こうして、国際的なレベルの放射線腫瘍医、物理工学研究者、医学生物学研究者のリーダーを養成し、質の高い研究者・研究開発者を国内外の放射線・重粒子線の研究拠点や重粒子線治療施設に提供します。 優秀な学生は3年間で大学院を修了可能なカリキュラムとなっています。

学位プログラム概念図

gaiyou01
入学

 本プログラムでは、臨床研修医や医歯薬獣医学部、またはその他の博士前期課程や修士課程から優秀な学生を選抜します。

1年次

 医学基礎技術実習、基礎連続講義を履修します。その他に、必要に応じてローテーション制による研究成果考察セミナーに参加します。

2-3年次

 主専攻科目とリーディング大学の医科学専攻専門科目と医工連携共通専門科目を履修します。また、Qualifying Examination(研究発表討論セミナー)により研究基礎力の試験を行います。 その他に、生命倫理公開セミナーや研究活動活性化プログラムにおける大学院生によるワークショップに参加します。また、高度医療機器開発産業、関東地域のがんセンター、粒子線治療施設でのインターンシップや国内外の教育研究連携施設や国際原子力機関(IAEA)での短期研修実習等を行います。

4年次(もしくは3年次)

 研究成果を学位論文にまとめます。必要な単位を取得し学位審査を通過すれば、博士(医学)となります。大学院の各過程において、国際的に著明な研究者からなる国際アドバイザリーボードによる研究指導や助言を受けることができます。